あがり症.com TOP > あがり症とは あがり症ってなに?

あがり症ってなに?

まず、あがり症についてご説明します。

あがり症と一口に言われても、いまいちピンと来ない人が多いかもしれません。「ただ人前に出ると緊張してしまうだけで、自分はあがり症ではない」と考えるタイプが多いようです。しかし、いくら本人が緊張のためだと思い込んでいても、よく分析をするとあがり症という一種のメンタルな病気だった、というケースは珍しくありません。

自分があがり症であることを認識する前に、次のことを考えてみてください。仮にあなたが人前で話す場面にいるとき、このような状態に陥るかどうかを思い起こして見ましょう。

「顔が赤くなる、あるいは青くなる」
「手や全身に汗が大量に噴き出る」
「筋肉がこわばるように感じる」
「頭が真っ白になって眩暈がする」
「吐き気、腹部に異様な不快感を感じる」

このような症状が2つ以上ある場合、あがり症である可能性は非常に高いといえます。

あがり症とは、上の例に挙げた症状のとおり、人前で話したりする際に過度の緊張に駆られて頭が真っ白になったり体調が悪くなったりして、コミュニケーションを円滑に行うことに過度な困難を感じることです。緊張などの一過性のものとは違い、これはもっと深刻なメンタルな病気だと考えたほうが賢明です。病気だと認識しなおすことで、改善する余地も見えてくるので、一人で悩まずにしっかりと向き合って見ましょう。

あがり症とは


タキソテール 副作用
タキソテールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

事務服 ジャケット
事務服のジャケットなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!