あがり症.com TOP > あがり症とは 様々な症状

様々な症状

あがり症には様々な症状があります。その症状が様々な上に、人によって症状の種類や深刻さが異なってくるので、この紛らわしさからただの緊張と見過ごされがちなことも問題です。

ただの緊張だと思わずに、少しでも異変を感じたら冷静に分析して対策を考えるようにしましょう。恥ずかしがる必要は皆無です。あがり症は私たちほとんどが抱えている心理的な病気で、話すことで生計を立てているアナウンサーや俳優、声優でもあがり症に苦しんでいるケースが多いのです。

「あがり症」の種類」のページでもご紹介したとおり、あがり症のタイプは非常に多いものです。あがり症は、顔や体の細かな動き、声のトーン、体調に大きく影響します。話している途中で声が震えたり、頭が真っ白になるケースもあれば、相手の顔を直視して話をすることができないなど、主に対人コミュニケーションが必要とされる場に顕著に現れます。どうしても私たちは人と接する際に、相手の人の面前で威圧感を感じてしまう傾向があり、これがあがり症の最も有力な原因だといわれています。特に上司や先生などの目上の人が相手ならなおさらです。

こうしたケースは改善することが決して簡単ではありませんが、不可能ではありません。治したいという意志と冷静な分析力さえあれば、前向きな態度で直していくことができます。それでも実際の場面でパニックを感じてしまう場合は、「大丈夫だ」と自己暗示をするなど、自分を落ち着かせるように努力してみましょう。

あがり症とは


コンプラビン 添付文書
コンプラビンの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!