あがり症.com TOP > あがり症と病気 あがり症と赤面症

あがり症と赤面症

あがり症と併発して起こりやすいのが赤面症だと言われています。緊張しすぎてしまって思わず顔が赤くなってしまったなどということは、恐らく多くの方が経験していることだと思います。

「話していると顔がほてる」「人前だと顔が赤くなってしまう」・・・などといった症状が赤面症です。この症状は、あがり症にかかったときに最も起こりやすい症状だとも言われています。

他人とコミュニケーションをとる際に緊張感が高まって来て、頭に血液が以上に集中してしまうせいだと言われています。緊張すると私たちは頭が真っ白になるような感じをイメージしますが、顔が真っ赤になる感じをも想像するなんてことをよく聞きますよね。

赤面症は精神的な状態から来る症状です。自分が他人から見られていたりすることから起こりやすいもので、また、顔のほてりに気付くと自分から意識をし始める性で余計に赤くなってしまったりもします。

さらに、赤面症の症状の深刻さは人によって異なるようです。本人は気にしていても相手からは全く気にされない、または気づかれてすらないなどということもあります。「そんなに気にしてどうするの?」と逆に質問されてしまい、赤面症を気にするべきなのかすべきでないのか迷ってしまう人もいます。

逆に、赤面症で精神的に深刻に悩まされている人もいます。これは相手にもはっきり分かってしまうくらいに赤面してしまうタイプです。人前で話すだけでなく、人前で普通に行動したり歩いたりするだけでも過度に緊張してしまうことから、すぐに顔が以上にほてってしまうのだそうです。

あがり症と病気