あがり症.com TOP > あがり症と病気 赤面症を治療する

赤面症を治療する

では、その赤面症の治療法ですが、赤面症もあがり症の一種なので、それに基づいた治療方法がなされています。まずは心の状態をよく知って鍛え、緊張や突然のハプニングに強い精神を育てなければいけないものですが、自己流でやってしまうとかえって危険なので、なるべく病院で専門機関の知識に頼るようにしましょう。

赤面症の治療は、現在4種類あります。今回はそれらの治療方法をご紹介します、

「薬物治療」
あがり症と同じく、赤面症では最も一般的な治療方法です。セロトニンという脳内の化学物質を取り込むことによって治療に臨みます。赤面症にかかる原因は精神状態を支える働きがあるこのセロトニンが不足していると考えられているためです。即効性に優れ、服用を間違えるケースがほとんどなくて安心ですが、深刻な副作用を起こす場合があるので注意も必要です。

「催眠療法」
催眠療法をきくと医学的に感じられないかもしれません。ここでは、「意識を保ちながら」ぼんやり考える状態を導き出し、赤面症の原因や解決策を探りだす方法を用います。過去のトラウマなどから赤面症になった場合には効果的だとされています。

「森田療法」
「自分はあがってしまう」と認めさせ、神経系を落ち着かせる方法です。治療方針としては入院の形をとります。段階を踏んで治療に臨み、最終的に克服できるようにします。

「カウンセリング」
薬物療法に恐怖を感じる方、森田療法を受ける時間的余裕がない方はカウンセリングを言う方法をとって赤面症の治療に臨むといいでしょう。カウンセラーと1回の治療につき1時間ほど話すことによって心の悩みに向き合って改善策を考えていきます。

あがり症と病気


ポスター印刷 激安
ポスター印刷を激安でならディプリーズ楽天市場店で!

http://www.shinwa-ticket.ne.jp/
クレジットカード 現金化

ペットホテルの送迎 杉並渋谷中野目黒大田区新宿品川港区
http://pethoteltokyo.com/sogei-page.html