あがり症.com TOP > あがり症と病気 あがり症と多汗症

あがり症と多汗症

赤面症と同じく、多汗症もあがり症の極端な症状の一つだとされています。

多汗症とは、緊張や不安が高まって必要以上に汗の分泌量が多くなることを指します。緊張や不安は交感神経のバランスを不安定にしてしまうので、体温の上昇とは無関係に汗が体外へと放出されてしまうのです。多汗症な人は「汗かき」な人だと短絡的に捉えられてしまうことがありますが、実際には精神状態などが関連しているものなので他人が簡単に判断を下してどうこう言えるものではありません。

多汗症の症状は2つあり、1つは体全体に汗をかく全身多汗症というもの、もう1つは局地的に汗をかく局地性多汗症があります。どちらも食事をしたり運動したりときなどに体温を調節させるための汗ではなく、特に体温調節とは必要なく、緊張や不安を感じたときにでる汗です。

どちらにしても、汗は体臭を含むことから、多汗症の症状は赤面症のものよりもはるかに深刻だと言えます。体臭が話をしている相手に不快を感じさせ、仕事や人格にマイナスを付けられたりすることがあるためです。

簡単に説明をすると深刻そうに見える多汗症ですが、毎日の健康対策で直せてしまうことがあります。汗が流れるのが気になるのなら、汗の流れをきちんとコントロールしてしまえばいいことです。

運動をして多汗症の1つの原因でもある皮下脂肪を薄くすることや、水分をよく摂って新陳代謝をよくすることも効果的です。食事では、豆類を多く取り入れると多汗症を抑えることができると言われています。

あがり症と病気


ナースシューズ
ナースシューズならユニフォームのオンラインショップ e-UNIFORMで!

http://www.pethoteltokyo.com/
ペットホテルを東京で