あがり症.com TOP > あがり症と病気 多汗症を治療する

多汗症を治療する

多汗症の治療を考えるのはそんなに気の進むものではないのかもしれません。それと言うのも、ただの汗かきだと考えて放置してしまう人が多いほか、極端に悪化する症状でもないためです。しかし、他人に悪印象を抱かせてしまうことはもちろん、最終的には自分も嫌な思いをするので、治療の形をとって改善に励んでみるのが賢明です。

しかし、実際に多汗症治療を考えて病院を選ぶ際に何科を受診したらいいのかも迷うところです。多汗症治療に最も最適なものが皮膚科です。皮膚科は多汗症治療にもっとも多く利用され、研究もよくされています。

皮膚科では主に薬物療法が使用されます。薬による治療として制汗剤を塗るのが一般的です。それでも治らない場合には外科的手術になります。外科的手術では、手のひらの多汗症なら手のひらの発汗をつかさどっている交感神経を切断し、汗をかきにくくします。

病院による治療のほかにも、毎日の健康対策をこまめにおこなうことで改善できてしまう場合もあります。汗が流れるのが気になるのなら、汗の流れをきちんとコントロールしてしまえばいいことです。運動をして多汗症の1つの原因でもある皮下脂肪を薄くすることや、水分をよく摂って新陳代謝をよくすることも効果的です。

特に就寝前に十分な水分を摂取しておくと、眠っている時に老廃物を含んだ汗を体外に出すことができます。食事では、豆類を多く取り入れると多汗症を抑えることができると言われています。

あがり症と病気


イモバックス 添付文書
イモバックスの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!