あがり症.com TOP > あがり症と病気 あがり症と対人恐怖症

あがり症と対人恐怖症

対人恐怖症もあがり症で洗われる症状の1つです。

対人恐怖症とは、人前で緊張しすぎてしまい、思うように話ができなかったり、顔が赤くなったり、声が出なくなってしまうメンタル面での病気のことを指します。このような症状もあがり症に付随するものであり、基本的にはあがり症や赤面症と同じ枠にいれられます。

対人恐怖症は、人から変に思われるのではないか、という主に「対、人間」の不安が根底にあります。 対人恐怖症は、その名の通り恐怖症の1つとしても数えられ、これにかかった人は社会的な接触を過度に恐れるようになり、それを避けようとして苦しむパターンに陥ります。その結果、社会生活に支障をきたしたり必要とされる人間関係の構築ができなくなります。

対人恐怖症は、日本特有の文化依存症候群だと考えられています。日本のように集団的な行動が重んじられ、「和や協調」を尊敬する生活においてよく起こりやすいケースなのです。自由主義を重んじて個人の考えや人格をオープンに受け入れて尊重するアメリカやヨーロッパ諸国とは完全に異なります。

これに対して日本は、集団での和や協調が崩れると言うものは、人間関係そのものが破壊され、「社会的な死」と捉えられてしまうので、その中で生きる私たちは常にストレスにさらされています。こうした中で、殆ど自然に対人恐怖症にかかってしまうのです。

対人恐怖症は、若い人やおとなしい人がかかるケースが多いとされています。年上の人や気の強い人からストレスを押しつけられてしまうことから、どんどん精神的に追いやられていってしまうためです。

あがり症と病気