あがり症.com TOP > あがり症と病気 対人恐怖症を治療する

対人恐怖症を治療する

基本的にはあがり症などの社会不安障害と同じですので、治すにはまず精神を鍛える、もしくは薬の投与が必要です。自分が何故他人を恐れるのか、自分が対人関係の場で何故思うように動けなくなってしまうのかという自己分析から始め、そこからしっかりと原因を掴むことが重要なのです。

まず、対人恐怖症は若い人やおとなしい人に限って起こりやすい病気なので、異変に気づいたらすぐにでも行動に移せるような意識の高さが必要です。若い人は社会的に考えると若干受け身の立場で、おとなしい人は自分の個性やストレスを内面に抱えるケースが多いことから、余計なストレスまでもそのまま溜め込んでしまう傾向があります。

さらに悪いことには、それで対人恐怖症やあがり症などの症状にかかっても自分を責めて放置してしまうケースが非常に多く、そのためにどんどん症状は深刻化してしまうのです。

対人恐怖症にかかりやすい人は、性格的な特徴を言えばプライドが高かったり弱みをさらけ出す人が苦手な人が多いようです。しかし、いつまでも放っておいても絶対によくならないので、恥ずかしがらずに改善策を探すようにしましょう。

対人恐怖症の治療法として現在、最も効果をあげているものが森田療法です。森田療法とは、精神科医の森田正馬によって考案された療法であることからそう呼ばれています。「あるがまま」というモットーを掲げ、自分が人に対して恐怖を抱えてしまうという欠点にそのまま向かい合うことこそが改善の道につながるのだとう信条を持っています。

その他にも薬物治療や、カウンセリングなどの形をとる治療法もあります。自分に合ったものを探して利用しましょう。

あがり症と病気


バーベキュー レンタル
《BBQ(バーベキュー)レンタル》東京都内近郊、格安食材有り!手ぶらバーベキューなら設置から片付けまでお任せのBBQわーるど!