あがり症.com TOP > あがり症の治療 そのほかの薬

そのほかの薬

これまでに社会不安障害の治療薬をご紹介してきましたが、治療薬はまだまだあります。今回は社会不安障害の治療薬として一般的に用いられている薬やその他の薬、市販薬などについてご紹介します。

まずはSSRIという薬です。これは社会不安障害の治療薬として使用される薬の中でも最も一般的なものです。この薬は神経細胞間のセロトニンをバランスを適切に保つ働きをし、一年以上正しく服用することによって障害を克服できます。最初に普通に飲み、徐々に服用量を減らしていきます。しかし、強い副作用を起こす可能性があるので、使用する際には注意が必要です。

また、ルボックス・デプロメールという薬があります。これはSSRIの新しいタイプの抗鬱剤で、日本で唯一厚生労働省から社会不安障害治療薬として許可を受けている薬です。セロトニンといった脳内の神経伝達物質のバランスが崩れた状態を、健全かつ正常な状態に保つという作用があります。社会不安障害の治療をする際、最初の段階でこの薬が用いられます。飲み始めにめまいや吐き気を感じることがあります。

また、市販薬に「イララック」というものがあります。これは高ぶった神経をなだめて気持ちを落ち着かせるための薬です。イライラや興奮感をなだめたり、緊張感を静めたり、症状に伴って現れる倦怠感などを和らげる働きがあります。

主成分が植物由来のものなので、使っていて安心性があり、市販薬と言うことで比較的簡単に手に入れられることもメリットとして考えられています。しかし、あくまでも市販薬なので、病院で処方させれる薬のような即効性は期待できません。

あがり症の治療


鹿児島空港 レンタカー
鹿児島空港 レンタカー・レンタカー 鹿児島空港