あがり症.com TOP > あがり症の原因 社会不安障害

社会不安障害

あがり症には、ただ人前で緊張してしまう「一般的な」あがり症と、症状が比較的重い「病的な」あがり症があります。この病的なあがり症のことを。「社会不安障害」とも呼びます。

心当たりがあるのなら、真剣な姿勢での対処が必要不可欠です。この場合は、一般的なあがり症のようにただ緊張を過度に感じるからの症状ではなく、この「病的なあがり症こと社会不安障害は、過去のトラウマが重荷になって起こる症状であるためです。医学的にはこれをSADと呼び、1度や2度耳にしたことがある人もいることでしょう。

この社会不安障害は、学生時代にいじめを受けたり、親からのしつけが厳しかったり虐待を受けたりなどの、自分より強い存在からの過度な阻害や暴力を受けた人によくあるケースです。こうした人間関係のトラブルから、人と接することが過度に恐ろしく感じるようになり、心機一転して人付き合いを上手になろうと努力しても、いざというときにあがってしまうのです。ひどい場合はこれがサイクル化してどんどん悪化し、この状態から抜け出せなくなってしまいます。そうしたことから、社会不安障害とは非常に気の毒な症状なのです。

これを根本的に改善するのなら、やみくもに人付き合いを改善しようと努めるよりはカウンセラーなどのプロのサポートを受けるようにしましょう。まずは過去のトラウマから自分自身を解放していくことが大事です。また、決して心を閉じてしまわずに、必ず改善できると信じて前向きでいることも大切なことです。

あがり症の原因


プラビックス 副作用
プラビックスの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

不用品処分で良い業者?岐阜
不用品処分を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!