あがり症.com TOP > あがり症の予防と対策 朝日を浴びる

朝日を浴びる

あがり症や緊張感に対応するために、十分に睡眠時間を摂ることももちろん大事ですが、朝日を浴びることも重要なポイントだとは言えます。意外に思う方も多いと思うので、そこでどうしてあがり症や緊張感に朝日が効果的なのかをご説明します。

朝日を浴びるという行為は、医学的には光線療法と言われているものです。朝起きて新鮮な朝の光を浴びることで、気持ちがフレッシュになるのは誰にでも経験があると思います。また、朝日は身体の倦怠感から回復させる働きや、集中力をアップさせる働き、さらには胃腸機能の低下などに効能を発揮してくれます。この光線療法はごく自然の力を借りて行うものなので、無理や害がないうえに効果も十分に期待できるとして注目を集めています。

また朝日は睡眠不足による身体の疲れを和らげ、体をレフレッシュさせてくれます。前ページでもご紹介したとおり、睡眠不足やあがり症のみならず健康全般において有害なもので、日常生活でこなすべきことが苦痛に感じられてきます。そこで朝日を浴びて全身に活力を与えることで、健康状態が改善されるのです。

朝日の浴び方については、朝起きた後に15分ほど朝日を浴びると言うのが理想です。ベランダやアパートの屋上など、または通勤前に外に出て浴びると言うやり方があります。しかし、時間的に余裕がないと言う人はなるべく1日の生活で太陽の光を浴びたり、太陽の光で起きる習慣をつけましょう。朝型人間になるのも賢明な方法です。

あがり症の予防と対策


マイスリー 副作用
マイスリーの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!