あがり症.com TOP > あがり症の予防と対策 食事にも気をつける

食事にも気をつける

あがり症や緊張感に対処するために、食生活に気を配ることも必要です。食生活に気を配るなどと言うものは、健康のためだとしか捉えられていない傾向がありますが、健康にしっかり気を配ってこそ心身のバランスが安定して、あがり症や緊張感にしっかりと対処し、予防することができるので侮ってはいけないようです。

特に、あがり症対策には、セロトニンを含んだ食べ物を積極的に摂ることがいいとされています。セロトニンとは、私たち人間を含む動植物に含まれる物質のことで、トリプトファンと言う物質から生成されます。

セロトニンのうち大部分は小腸の粘膜内の細胞にありますが、その残りは中枢神経系にあるものです。その中枢神経系にあるセロトニンが、私たちの精神状態を支える働きを担っています。最近では鬱病や神経病の治療にも用いられるようになりました。

しかし、私たち現代人にはセロトニンが不足しているのが現状です。ストレスや緊張、あがり症に打ち勝つ体になるためにも、積極的にセロトニンを含んだ食品を食生活に取り入れていきましょう。

セロトニンは主に牛乳、チーズなどの乳製品によく含まれます。また、小麦や大豆もセロトニン生成に役立つ食品で、他にはバナナやアーモンドなどがあります。どれも栄養価の非常に高い食品なので、健康のためにも取り入れてみることがいいでしょう。「ダイエット中」を理由に乳製品を避けてしまう人がいますが、それをすることによって心の状態を支える重要な栄養素を失ってしまうことになります。

あがり症の予防と対策