あがり症.com TOP > あがり症の予防と対策 あがり症と睡眠

あがり症と睡眠

先のページでご紹介したとおり、あがり症と睡眠は実に密接な関係で結ばれているものです。睡眠時間が十分でないと特に思考能力が低下するので、睡眠を侮っていると日常生活で様々な障害となって現れてくるので気をつけましょう。

私たち現代人は多忙な生活に追われているため、どうしても十分な睡眠時間が取れない傾向にあります。「忙しいから」とし「仕方がないことだ」とそのまま見過ごしてしまいがちですが、睡眠不足のために色々なミスや失敗に見舞われたことは決して少なくないと思います。

社会人のほとんどは睡眠不足のままで仕事をする人がほとんどなので、企業プレゼンテーションをするうえでの成功率を問うなら「まずまず」の結果になっているケースが多いのではないでしょうか。プレゼンテーションのテクニック云々よりも、「落ち着いてしっかり話す」ことができていないことが失敗の原因なのだそうです。

睡眠不足だととにかく身体が休まらない状態がキープされてしまうので、それだけに精神状態も落ち着かなくなります。また、新陳代謝やホルモンバランスも不安定になるため、睡眠不足からくる体の障害は計り知れないものです。

これらを避けるためにも、適度な時間で良質な睡眠をとることが必要不可欠です。1日6時間以上睡眠をとることが理想ですが、それでも無理な場合は仕事の前に5分ほど仮眠の時間を設けるなど、ブランクを埋めるための工夫をしてみましょう。それだけでずいぶん変わってきます。

あがり症の予防と対策


レーシック
レーシックなら患者さんとの信頼関係を重視する吉野眼科で!